下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで20万円と言われた下取りが
買取業者で70万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

オプションをつけてこの値段でどうでしょう?

これ以上値引けないなら、このオプションをタダでつけてほしい!

といった具合で値引きの引き合いに必ず出されるオプションパーツ。

必要のないオプションでお得感を演出されて後悔…といったことのないよう、また値引き交渉を有利に進めるためにも、自分の中での各オプションの優先順位を決め、それから値段との兼ね合いで選択しましょう。

オプションには大きく分けてメーカーオプションとディーラーオプションがありますが、特にメーカーオプションはメーカーが工場で製造する段階で付けるもので、後から追加するのが困難なものが多いので、購入段階でしっかり検討し、後悔することのないように取捨選択しましょう。

ここではマツダ・デミオのオプションパーツについて、購入者の方々の参考になるように情報をまとめました。

スポンサーリンク

デミオのオプション紹介

ここではマツダ・デミオのオプションパーツの中でも、購入後に追加することが困難なメーカーオプション、その中でも選択の基軸となる各グレードごとの主なメーカーセットオプションとその内容を紹介します。

なお、最低限の装備しかついていない15Cと、その他のグレードで分けて紹介します。

 

15C

https://www.mazda.co.jp

ユーティリティパッケージ(税込32400円)

・ダークティンテッドガラス

リアドアガラスとリアハッチガラスのスモークのことです。

なお、UVカットについては、ダークティンテッドガラスの有無に関係なく、標準で全グレードでUVカット機能付きの窓を採用していますが、他グレードで標準装備またはオプション装着のスーパーUVカット機能とIRカット機能については15Cと15MBでは選択できません。

・リアシート6:4分割可倒式シートバック

大きな荷物を積むためにリアシートの背もたれを前に倒す際、分割されていれば3名もしくは4名乗車を維持したまま荷物を積めます。

 

コネクティビティパッケージ(税込54000円)

・インテリジェント・ドライブマスター

運転者のドライビングを評価したりする機能です。

 

・7インチWVGAセンターディスプレイ&コマンダーコントロール

インパネの上部に設置されるモニターと、それを手元(センターコンソール)で操作するコントローラーです。

 

・外部接続ハブ(USB端子×2 / AUXミニジャック / ナビゲーション用SDカード専用スロット)

7インチWVGAセンターディスプレイをカーナビとして使用するために必要なSDカードスロット、スマートフォンや音楽プレーヤー等を接続するためのUSB端子とAUXミニジャックです。

 

・6スピーカー

標準は4スピーカーです。

 

・Bluetooth®

15C標準のオーディオプレーヤーでもUSB端子かAUXジャックを介して音楽を流すことができますが、Bluetooth接続で音楽を流したい場合はこのオプションを付ける必要があります。

 

CDプレーヤー(税込10400円)

CDの再生のみの機能で、CDを入れるユニットはインパネ下部に付きます。

 

CD / DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)(税込32400円)

これはモニターがないと意味がないので、コネクティビティパッケージを付けた上で、これを付けるかどうかですね。

 

その他のグレード

https://www.mazda.co.jp

・LEDヘッドランプ(ハイ / ロービーム:オートレベリング[ 光軸調整 ]機構付)

対向車の有無を感知して自動でハイ・ロー切り替え行うLEDヘッドライトです。

標準はハロゲンヘッドライトになります。

 

アダプティブ・LED・ヘッドライト

対向車のドライバーが眩しくないようにしながら、安全な照射範囲を最大限維持する機能がついたLEDヘッドライトです。

 

・アドバンストキーレスエントリーシステム(アンサーバック機能付、リアゲート連動)&アドバンストキー×2

ポケットやバッグにキーを入れたまま開錠し、そのままエンジンスタートができる機能です。

今では当たり前の機能ですね。

 

・ヘッドランプユニット内シグネチャーLEDランプ

ヘッドライト内に配置されたLEDのポジションランプです。

 

・スーパーUVカットガラス(フロントドア)

標準のUVカットガラスに加えて、さらに紫外線のカット率を高めるオプションです。

https://www.mazda.co.jp

・IRカットガラス (フロントガラス/フロントドア )

標準のUVカットガラスに、赤外線カット機能を追加するオプションです。

 

15S 360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー

前後左右に配置されたカメラによって、車体を上から俯瞰した映像がモニターに映し出されます。

駐車時や狭い道でのすれ違い等、慎重な運転が必要な場面で、このモニターが左右前後の限界を映し出してくれることで安全な通行を助けてくれます。

https://www.mazda.co.jp

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

スマートブレーキサポートは、約15km/h以上のスピードでレーダーとセンシングカメラからの検知により作動する衝突軽減回避システムです。

これと名前が似たマツダのシステムに、スマートシティブレーキサポートというものがありますが、これはレーザーを用いて、低速域(約4〜30km/h)に限りドライバーに対する警告と自動ブレーキ、誤発進時の急加速の抑制を行うというものです。

 

スマートシティブレーキサポートは、デミオでは全グレード標準装備となっていて、それに高速域での機能を加えるというオプションがスマートブレーキサポートです。

マツダ・レーダー・クルーズコントロールは、前を走行する車との車間を一定に保ちつつ、速度を自動で制御するというものです。

特に高速道路の運転においてはメリットが大きいでしょう。

 

クルーズコントロールが標準装備となっていないガソリン車を検討していて、クルーズコントロールがないと困るという場合には、この高性能なクルーズコントロールをオプション装着する必要があります。

 

クルーズコントロール

クルーズコントロールはディーゼルでのみ装着でき、xDでオプション設定、その他のディーゼル車では標準装備となっています。

 

スポンサーリンク

デミオのナビ情報!

https://www.mazda.co.jp

マツダ・デミオでは15Cと15MB以外で7インチWVGAセンターディスプレイが標準装備されています。

ここに税込48600円のナビゲーション用SDカードプラスを追加することで、ナビが使えるようになります。

ナビモニターを直接操作するのではなく、センターコンソールのダイヤルで各種操作を行えるので、操作性でも安全面でも大変便利です。

https://www.mazda.co.jp

標準で7インチディスプレイがついているグレードでは、社外ナビを後から取り付ける手間はその分煩雑になりますし、インテリアのデザインの観点から見ても、マツダ・デミオにカーナビをつけるのであれば、純正をつけるのが良い選択だと思います。

 

逆にデッキから変えて音質にこだわりたいという方には面倒な車とも言えます。

標準で7インチディスプレイがついていない15Cにコネクティビティパッケージをつけてディスプレイを付けると、1つ上のグレードである15Sとの約10万円の価格差は4万円ほどになってしまいます。

他の装備の差も考えるとお得感はないですね。

 

マツダ・デミオにカーナビをつけたい場合、15Cは選択肢から外しましょう。

15MBの場合は7インチディスプレイのオプションを選択できないので、社外品を探して付けることになります。

ちなみに、このカードを挿入しなかった場合、モニターは音楽や車両情報等のインフォメーションパネルになります。

 

スポンサーリンク

デミオのパーツのおすすめ

https://www.mazda.co.jp

マツダ・デミオのおすすめオプションを紹介します。

15S・xD LEDコンフォートパッケージ(税込97200円)

LEDヘッドライト、フルオートエアコン、アドバンストキーレスエントリー、シートヒーターあたりはついていてほしいという方が多いのではないでしょうか。

後から追加することができないメーカーオプションですので、後悔するくらいなら付けておきましょう。

このオプションはつける人が多いことを想定しての価格がついていると思います。

https://www.mazda.co.jp

15S Touring xD Touring以上のグレード

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)(税込54000円)

ガソリン車にクルーズコントロールを付けたい場合は必須です。

高速道路を多用する人はつけておいたほうが良いでしょう。

 

CD / DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

これもメーカーオプションなので、車内でテレビを視る人は必ずつけておきましょう。

 

デミオのオプションの口コミは?

https://www.mazda.co.jp

マツダ・デミオのオプションの評判をいくつか紹介します。

ヘッドランプ内シグネチャーLEDランプ

ヘッドライトは同じ形でもヘッドライト内の意匠の違いで印象が随分と変わります。

最近のマツダ車でよく見かけるシグネチャーLEDランプは点灯時はもちろん、点灯していないときでも車の顔をかっこよく見せてくれると評判です。

アダプティブLEDヘッドライト

普通のLEDヘッドでもハイ・ローを自動で切り替えてくれるのだから、アダプティブLEDヘッドライトなんて必要ない、と考える人が多いと思いますが、このアダプティブLEDヘッドライト、なかなか便利なようです。

暗い夜道でも、対向車を眩惑せずにハイビームを維持してくれ、その動作の技術に感心しながら安全に走れるという声がありました。

 

対向車が来ていたらロービームで注意しながら走行するというのが当たり前になっていますが、それをしなくて良いという点で大変快適なようです。

ただし、街灯がある明るいところや、40km/h以下の速度では作動しないということですので注意しましょう。

街灯のない暗い道路を走ることが多い人は、検討してみてはいかがでしょうか。

【マツダ・デミオ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【マツダ・デミオ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで20万円と言われた下取りが
買取業者で70万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

スポンサーリンク