その恰好良さに惹かれて、デミオの購入を即決してしまうオーナー様がたくさんいることでしょう。

でも、せっかく買った愛車が駐車場に収まらなければ、それはもう顔面蒼白の事態に陥ります。

ここでは、デミオの外寸・外装の情報と、必要な駐車スペースについてご紹介していきます。

引用:https://www.mazda.co.jp/

スポンサーリンク

デミオの外寸、横幅、長さ、車高をわかっておこう

まず、デミオの外寸(横幅、長さ、車高)について、そのサイズを確認しましょう。

スタンダードなベースモデルの「15C」と、一つ上のグレードの上級モデル「15S」について、2WDと4WDのそれぞれについてご紹介します。

まず、15Cの外寸は次のとおりです。

15C 2WD 4WD
全長(長さ) 4,060㎜ 4,060㎜
全幅(横幅) 1,695㎜ 1,695㎜
全高(高さ) 1,500㎜ 1,525㎜

次に、15Sの外寸については下表のとおりとなります。

15S 2WD 4WD
全長 4,060㎜ 4,060㎜
全幅 1,695㎜ 1,695㎜
全高 1,525㎜ 1,550㎜

長さと横幅は15Cと15Sでは同じ、さらに他のモデルと比較しても同じサイズでした。

唯一、違ってくるのが車高です。同じモデルでも2WDと4WDでは違いがあり、4WDが25mm高くなります。これは15Cでも15Sでも事情は同じです。

全体を通じて比較すると、15Cの2WDと15Sの4WDでは車高が50mmほど違いがあります。

引用:https://www.mazda.co.jp/

スポンサーリンク

マツダ・デミオの駐車場に入れるには?

「買った愛車が家の駐車場に収まらない!」

なんて話を時々耳にします。

でも、

「デミオは、コンパクトカーだから大丈夫!」

と言い切りたいところですが、やはり購入前にはしっかりと駐車スペースのサイズを検証しておきましょう。

 

まず、駐車場の普通車用の駐車スペースとしては、

幅 2.5m × 長さ 5.0m

という規格が一般的だそうです。

引用:https://www.iiietsukuru.com/

そして、一般的な小型車の平均的な長さ、横幅、車高は次の通りと言われています。

項目 サイズ
全長 4,500㎜
全幅 1,680㎜
全高 1,500㎜

小型車の内、コンパクトカーでは、長さが4,000㎜、横幅が1680㎜というのが平均的サイズと言われております。

デミオについては、コンパクトカーとして長さは平均的ですが、横幅が少々大きめとなっています。

デミオも含めてコンパクトカーが、普通車用の駐車場スペースに停めるのであれば、左右両サイドのドアも400mmほどスペースが確保されていることになりますので、乗り降りには支障は無さそうですね。

 

ですが、間違って軽専用の駐車スペースに停めてしまうと困ります。

軽自動車用の駐車スペースは、上記の画像では幅2.0m × 長さ4.0mとなっていますが、

一般的には、

幅 2.28m × 長さ 3.6m

と言われています。

つまり、左右両サイドのドアには、それぞれ300mm足らずのスペースしかありません。

それ以前に長さが400㎜もはみ出す計算となりますので、フロント部分がはみ出して接触事故の元になってしまうので完全にアウトです。

 

週末の商業施設の駐車場は大変込み合います。それでも、どんなに混雑していて駐車スペースが見つからなくても、軽自動車の駐車スペースにデミオを停めるのは止めましょうね!

 

スポンサーリンク

デミオの機械式駐車場に入るか?

次に検証しなくてはならないのが、マンションによく設置されている

「機械式駐車場」

です。

そもそも「機械式駐車場」とは、2階建または3階建で、地上または地上プラス地下に設置し、パレットに車を載せて上下左右に移動させて収容する駐車場となります。

 

限られたスペースに多くの車を駐車できるので、土地の狭い都心のマンションでは無くてはならない存在になっています。

引用:https://www.asap-net.co.jp/

最近では、ハイルーフ車が普及したことによって、車高2100㎜の車が載せられる機械式駐車場が増えてきています。

ですが、これはあくまで屋外(地上部分)に停車する場合の車高であって、実は地下に収容される部分は、最新式のものであっても1750㎜の車高制限となっているのです。

 

さらに、いまだ世の中に多く設置されている従来型の機械式駐車場では、1550㎜が標準的な車高制限となっています。

そして、この車高制限が守られないと、さまざまなトラブルに見舞われることになります。

 

それは、機械式駐車場の天井部分への接触(天井接触)や、水平方向に移動中の他車のゴンドラによるルーフ部分への接触(ルーフ接触)などが、機械式駐車場の見えない収納スペースで頻発しているのです。

引用:https://www.technopark24.co.jp/

この点、デミオの場合、15Sの4WDであっても全高が1550㎜であり、車高制限ちょうどの車高となっているので、機械式駐車場でも収容は可能です。

ですが、ルーフにキャリアを設置すると話しは別。車高制限を超えてしまう可能性がありますので、ルーフ接触を起こさないように十分ご注意くださいね。

 

デミオの外装、外装パーツ情報

デミオの外装について、もう言うまでもありませんよね。

スポーティで洗練された外観で、ヨーロッパの高級スポーツカーを彷彿する品の良い格好良さがあります。

引用:https://www.mazda.co.jp/

これだけでも十分恰好良いデミオですが、この質感・高級感をそのままに、スポーツカーとしての魅力に磨きをかけるカスタマイズができれば言う事ありません。

1.フロントバンパーグリル ガーニッシュ (2ピースセット)

フロントグリルに、マツダのエンブレムを挟んで左右に取り付けるタイプです。

メッキのシルバーがフロントグリルを華やかに演出します。

引用:https://www.store.shopping.yahoo.co.jp/

取り付け方法も、フロントグリルに裏面の両面テープで張り付けるだけと簡単に装着できます。

サイズが微妙との口コミ意見もあるようですが、車に落ち着きをもたらして格好良さが増すとして評判のカスタムパーツです。

2.フロントサイドフェンダー ガーニッシュ

シルバーとブラックのツートーンのコントラストがフロントサイドの高級感を高め、スポーティーな印象を加えてくれるカスタムパーツです。

引用:https://www.item.rakuten.co.jp/

取り付け方法も、裏面の両面テープで張り付けるだけと簡単に装着できます。もちろんドアの開閉に支障などはありません。

デミオ専用設計のためフィット感も抜群のカスタムパーツとして評判です。

 

3.ドアハンドルカバー(10pcsセット)

鏡面仕上げの光沢が高級感を引き立てる逸品です。

これを装着していれば、開閉時の接触でつきやすいキズの防止対策にもなります。

引用:https://www.item.rakuten.co.jp/

取り付け方法も、裏面の両面テープで張り付けるだけでとても簡単。

デミオ専用設計のためフィット感も抜群で、サイドスタイルのエレガントさを売りにしたカスタムパーツです。

 

ご紹介したカスタムパーツは、いずれもメッキのシルバーがデミオのエクステリアにキレのあるシャープな印象質感を加える、素敵なラインナップとなっています。

お好みのカスタムパーツを活用して、デミオのスポーティで洗練された外観をさらに惹きたてる演出を加えて、スタイリッシュでスポーティなドライブを楽しんでください!

引用:https://www.mazda.co.jp/