下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで20万円と言われた下取りが
買取業者で70万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

ディーゼル車やマニュアル車をラインナップしていること、そのスタイリング、走行感覚、人間工学に基づきこだわって作られているコックピット等、他社のコンパクトカーとは一線を画し、個性を発揮しているマツダ・デミオ。

特にスペースを重視して作られてるようには見えない形なので、その大きさが実際どうなのか、気になりますよね。

ここではそんなマツダ・デミオの大きさについて、様々な角度から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

デミオの大きさ情報

マツダ・デミオ 寸法

引用:https://www.mazda.co.jp

マツダ・デミオの寸法全長4060mm、全幅1695mm、全高1500〜1550mmとなっています。

全高が1500〜1550mmと差があるのはグレードと駆動方式によるもので、4WDは2WDに比べて車高が高くなっています。

 

全長はコンパクトカーとしては若干大きめなサイズ、全幅についてはコンパクトカーとしては標準の5ナンバーギリギリサイズ、全高についてもコンパクトカーの標準的なサイズとなっています。

総合的にはコンパクトカーとしては標準的なサイズと言えます。

マツダ・デミオ 室内寸法

引用:https://www.mazda.co.jp

次に室内です。

マツダ・デミオの室内寸法は、全長1805mm、幅1445mm、高さ1210mmとなっています。

ただ、マツダ・デミオは外観から視てとれるとおり、スペースを重視した形ではなく、曲線部が多いので、数値だけでは量れなところがあります。

マツダ・デミオ ホイールベース・トレッド幅

引用:https://www.mazda.co.jp

ホイールベースというのは、車の前輪の軸と、後輪の軸の間の距離を言います。

前後のタイヤの中心と中心をつないだ長さと言えばわかりやすいかもしれません。

このホイールベースは走行安定性や小回りが利くかどうかという点で見るべき値です。

マツダ・デミオのホイールベースは2570mmなっていて、同じくらいのサイズのライバル車と比べると少し長めにとられており、走行安定性を重視したものとなっています。

 

続いてトレッド幅です。

トレッド幅というのは車を上から見て左右のタイヤの中心を結んだ線の長さです。

トレッド幅はコーナリング時の安定感に影響を与えると言われています。

マツダ・デミオのトレッド幅は前輪が1495mm、後輪が1480mmとなっています。

前輪のトレッド幅が1495mmと、クラスの中では大きい部類となっています。

またこのクラスのFF車でトレッド幅が前後違う数値となっているのは珍しく、ゼンリンが後輪よりも15mm大きくなっていることは、車の回頭性の面で優位にはたらいていると思われます。

 

マツダ・デミオ 最低地上高

引用:www.mazda.co.jp引用:https://www.mazda.co.jp

デミオの最低地上高は145mmとなっています。

145mmあれば、日常での走行において段差等を気にする場面はそれほど多くないでしょう。

ただ、オプションや社外のエアロパーツ等をつけている場合にはこの限りではありません。

デミオのサイズ感はどんな感じ

 

車の運転のしやすさとは公表されている数値だけでは量れないものがあり、サイズが小さくても大きいような感じがして運転しにくい車があれば、大きい割にコンパクトに感じて運転しやすい車もあります。

マツダ・デミオは車としてみれば小さい部類ですが、実際に運転してみた時のサイズ感はどうなのでしょうか。

引用:https://www.mazda.co.jp

パッと見た感じマツダ・デミオは小さく見えますが、実は全長はコンパクトカーの中では少し大きめです。

とはいえその差は大きいものではなく、また最小回転半径も小さいので小回りが利き、他車との比較では運転しやすいという声が目立ちます。

またドアミラーの位置をずらし視界を確保して運転をしやすくしているといった工夫も見られます。

 

また、マツダはドライビングポジションを非常に重視しているため、デミオでもシートの上下やハンドルの前後上下を大きく調整できますので、自分が運転しやすいポジションに調整しやすいというのも運転のしやすさにつながっているかと思います。

 

実際に運転してみても、車体が大きく感じるということはないようです。

ただ外観のデザインも重視しているので、後方視界が悪いという評価があります。

これについてはバックモニターをつけて対応している方が多いようです。

 

全般的に見て、初心者にもお勧めできる、運転のしやすいサイズ感の車だと言えます。

デミオのサイズ比較してみました

マツダ・デミオのライバルとなる他のコンパクトカーとサイズを比較してみます。

まず、マツダ・デミオの寸法をおさらいすると、全長4060mm、全幅1695mm、全高1500〜1550mmです。

これに対して…

ホンダ・フィット

引用:https://www.honda.co.jp

ホンダフィットの寸法は全長3990mm、全幅1695mm全高1525〜1550mmです。

ただフィットでもハイブリッドのホンダセンシング装着車は全長が4045mmとなり、デミオに迫る長さとなります。

また全高がデミオよりも大きく、スペース効率を重視した造りなので、車内の広さの優先順位が高い方は一度フィットを見に行ってみると良いかと思います。

 

トヨタ・アクア

引用:https://www.toyota.co.jp

トヨタ・アクアの寸法は全長4050mm、全幅1695mm、全高1455mmです。

ホンダフィットとは対照的に、アクアはデミオよりも全高が低くなっています。

その他のサイズはほぼ同じですね。

実際に乗ってみたサイズ感としては、やはり天井が狭い分圧迫感を感じるのか、アクアの方が狭く感じるという声が多いです。

 

スズキ・スイフト

引用:https://www.suzuki.co.jp

スズキスイフトの寸法は、全長3840mm、全幅1695mm、全高1500〜1525mmとなっています。

特に全長の短さが目立ちますね。

デミオと比べて220mmも全長が短いです。

日産・ノート

引用:https://www.nissan.co.jp

日産ノートの寸法は全長4100mm、全幅1695mm、全高が1525〜1535mmです。

デミオと比べると、全長が40mm長い以外にはほぼ同じサイズですね。

家の駐車場の大きさで制約がある方など、細かいサイズ感で車選びをしている方は、一度日産ノートを見てみると良いかもしれません。

フォルクスワーゲン・ポロ

引用:https://www.volkswagen.co.jp

フォルクスワーゲン・ポロの寸法は、全長3995mm、全幅1685mm、全高1460mmとなります。

マツダ・デミオと比べて、全長で65mm、全幅10mm、全高は40mmから90mm小さく、全体的にデミオよりも一回り小さいサイズとなっています。

デミオの後ろで寝れる?

引用:https://www.mazda.co.jp

車中泊をする場合はミニバンが最も適しているのは当然ですが、ミニバンよりも運転を楽しめる車で走りを楽しみながら旅をして、さらに車中泊までできれば最高ですよね。

また、小さい車でいかに車中泊をするかということを考えるのも、一つの楽しみだと思います。

 

そこで、ドライブ好きに人気のこのマツダ・デミオで車中泊はできるのか、という点についてまとめてみました。

 

まず、マツダから出ているラゲッジフラットボードというものがあり、これによりトランク部分を平らにできます。

他の部分の凹凸は手持ちの荷物で埋めるとして、気になるのは荷室の長さです。

マツダ・デミオの荷室の長さを調べてみると、リアシートを前に倒し、フロントシートを限界まで前に出した状態で1510mmとあります。

真っ直ぐに寝るのは少し厳しいですね。

 

ただ、フロントシートを前に出した分で空いた後席足元のスペースに、椅子やボックス等を置き、少し斜めになって寝ると、身長170cm程度の人であれば足をあまり曲げることがなく寝れるようです。

この広さですと、二人で車中泊をしたり、標準的な男性が一人で連日、車中泊で過ごして旅をするというのは少し厳しいかもしれませんが、間で宿泊施設に宿泊しながら車中泊も入れていくという使い方であれば、十分に快適な旅が楽しめるのではないでしょうか。

あれこれ工夫しながら、マツダ・デミオでロングツーリングを楽しみましょう。

【マツダ・デミオ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【マツダ・デミオ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで20万円と言われた下取りが
買取業者で70万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

スポンサーリンク