下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで20万円と言われた下取りが
買取業者で70万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

マツダ・デミオは非常に人気のある車種ということもあり、多くの試乗レポートを目にすることができます。

試乗レポートでは、走行性能はもちろん、内装の質感や実際に見たときのサイズ感など、カタログではわからないニュアンスを知ることができます。

そこで今回は、マツダ・デミオの試乗レポートを集約し、良い意見や悪い意見、試乗時のポイントと実際に試乗しての感想をお伝えします。

スポンサーリンク

デミオの試乗レポートはどう?


引用:https://www.mazda.co.jp

まずはマツダ・デミオについてとマツダ・デミオの試乗レポートについてご紹介します。

果たしてどんな意見がマツダ・デミオに寄せられているのでしょうか。

デミオの試乗レポートとは?

引用:https://www.mazda.co.jp

一般的に試乗レポートとは、自動車評論家が専門家の視点で自動車の走行性能を様々な角度から解説することを指します。

 

しかし近年では、カーブログサイトやカーレビューサイトなども増えてきていることから、個人の試乗レポートも多く目にすることができます。

専門性では自動車評論家にはかなわないものがほとんどですが、ユーザー目線での試乗レポートは、普段の走行状況に近い感想を得ることができますので、こちらも非常に参考になります。

一般的に良い車と言われていてもユーザーの車に求めるポイントは様々です。

 

購入後に不満に思う点が見つかり、試乗レポートで紹介されているような必要なチェックを怠ってしまったために後悔するケースも見受けられます。

こういったリスクを回避できる一つの手段として、試乗レポートをチェックすることが挙げられます。

デミオの試乗レポートの声

引用:https://www.mazda.co.jp

マツダ・デミオの試乗レポートの特徴としては、走行性能と燃費性能を絶賛する声が特に多いことが挙げられます。

「走る歓び」というブランドコンセプトを打ち出すマツダ車らしく、ンパクトカーとしては非常に能力の高いと絶賛する声がほとんどでした。

 

日常の走行から高速道路まで、ドライバーの思い通りに動き、余裕のある走りが心にも余裕をもたらすので、毎日の送り迎えやちょっとした運転も楽しくなるクルマだと言われています。

また、燃費性能においてもカタログ燃費に近い実燃費を実現していて、非常にお財布に優しいクルマとも言われています。

 

初代モデルからマツダ・デミオは評価の高いクルマですが、毎回のモデルチェンジを経て、常にコンパクトカー市場の最先端を走る技術革新を起こしているので、その技術に驚く試乗レポートを多く見ることができました。

デミオの試乗評価は良いか悪いか

引用:https://www.mazda.co.jp

ここではマツダ・デミオを試乗して、良い評価と悪い評価をそれぞれご紹介します。

試乗した人はマツダ・デミオにどんな感想を持ったのでしょうか。

デミオの良い試乗評価

・「乗り心地」と「操舵感」が素晴らしく、ひとクラス上の車と比較しても遜色ない。

・シートの造りも安っぽくなく乗り心地の良さはコンパクトカーの中で最上級。

・パワフルで運転が楽しくなる車。

・ロングドライブでも運転性能が高いので苦にならない車。

・トータルスペックで見ても国産コンパクトカーの中では最先端を走っている。

・走行性能と低燃費を兼ねそろえたクリーンディーゼルは素晴らしい。

 

マツダ・デミオの良い試乗評価としては以上のような声が上がっていました。

先述したように、走行性能や燃費性能について絶賛する声が多く聞こえました。

またそれ以外にもシートや内装の質感の高さについても高評価が集まっていました。

マツダ・デミオの悪い試乗評価

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31049

・ボディサイズの割に、後席の居住性には不満を感じる。

・アレンジはしやすそうだがデザインに大きな驚きはない。

・パワーステアリングのステアフィールがもう少し滑らかさがあると良い。

・後部座席での長距離移動は成人男性だと少し窮屈そう。

・斜め後方の視認性がもう少し高ければ。

・ヘッドアップディスプレイは対向車のライトで見えにくくなることがある。

 

マツダ・デミオに試乗しての悪い評価としては以上のような声がありました。

特に多かったのが後部座席の狭さについての意見ですが、女性や子どもが乗るには十分なスペースがあるとも言えます。

 

良い評価に比べて悪い評価は少なかったのですが、どれも発展的な意見でしたので。悪い意見でもマツダ・デミオへの期待値が高いことが伺えます。

車は相対する特徴もあるため、悪い評価もネガティブに捉えないことが必要です。

しっかりクルマの個性としてその特徴を把握しましょう。

デミオの試乗のポイント

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31049

実際にマツダ・デミオの試乗を行っても、短い時間で全ての長所と短所が見つかるわけではありません。
ここでは短い時間でも効率よくチェックができるよう、マツダ・デミオの試乗のポイントについてご紹介します

ポイント1「マツダ・デミオの試乗は事前準備を万全に!」

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31049

短時間の試乗でも効率よく確認できるようにするには、事前準備をしておく必要があります。
試乗の前に自分がマツダ・デミオに求めるポイントをある程度整理しておくと、そのポイントに絞って確認をすることができます。

 

例えば、「運転席の感覚について」「内装と居住性や快適性について」「エクステリアや荷室空間」「運転時にチェックすること」などといったように、チェックポイントを分類しマツダ・デミオに試乗する時に一つ一つ確認すると、確認のし忘れが無くなります。

 

また試乗レポートのチェックをしておくと、レポートの中で実際に気になった項目について重点的に確認もできますのでオススメです。
さらには、ディーラーの営業マンに確認したい点もまとめておくと、試乗後の商談も非常にスムーズに進むでしょう。

ポイント2「1回でマツダ・デミオの試乗を終わらせない!」

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31049

準備を万全にしても1回だけの試乗ではなかなか把握しづらい部分があります。そのため、試乗に関しては複数回行いましょう。

例えば昼と夜や悪天候によっても、マツダ・デミオの乗り心地は違ったように感じられます。

特に夜や悪天候時には視認性が変わってきますので、入念にチェックしておきたいところです。

 

試乗に関しては、特に決められた回数はありません。

購入を検討している意思をディーラーにしっかり伝えた上で、様々なコースや時間帯で試乗することをおすすめします。

そして、試乗をした様子を動画やメモで記録に残しておきましょう。

どうしても試乗をして時間が経つと、乗り心地や運転した時の感覚の記憶が曖昧になりがちです。

しっかり自分の五感で感じたものを記録しておきましょう。

 

マツダ・デミオの試乗では、各ポイントで

「絶対譲れない」「あれば良い」「これは気にしない」

といった、優先順位をつけていくことが重要となります。

この気になる点の洗い出しや、検討項目の優先順位づけを行いつつ、試乗時に疑問や不安を解消するようにしましょう。

デミオの試乗しての感想

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31049

実際に筆者もマツダ・デミオの試乗を行ってきました。
最後に私が試乗した感想をお伝えします。

筆者がチェックしたいマツダ・デミオの試乗ポイント

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31048

先ほどご紹介した項目に沿って、私も試乗前にチェックをしておきたいポイントをまとめました。

 

運転席の感覚について

アクセルやブレーキが踏みづらくないかとシートの座り心地やハンドルの握り具合はどうかを重点的にチェックしたいと思います。

内装と居住性や快適性について

特に内装の質感と試乗評価で出ていた後部座席の狭さについて調査します。

そして「エクステリアや荷室空間」では、車両のサイズ感や荷室の広さについて体感したいと思います。
最後に「運転時にチェックすること」は、各操作に違和感を感じないかと視認性について重視したいと思います。

このように、重点的にチェックしたいことをまとめて、実際に試乗に出かけました。

マツダ・デミオに試乗しての感想

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31048

事前準備のおかげで試乗はとてもスムーズに進みました。
チェック項目に沿って、筆者が試乗した感想をご紹介します。

まず運転席の感覚については、座席が高すぎず低すぎずで、ちょうど良いポジションを保つことができました。
足に伝わるペダル系のレスポンスもよくハンドルも手にフィットする太さでした。

 

そして内装と居住性や快適性については、高級感を感じる質感でコンパクトカーとしてはこれ以上のものはないのではないかと感じました。
ただし試乗レポートの通り後部座席は窮屈に感じました。

筆者の身長は173cmなのですが、短時間の乗車ならともかく長時間となると窮屈さが気になってくるだろうなと感じました。

またエクステリアや荷室空間については、個人的には可もなく不可もなくコンパクトカーの役割を果たしている印象を受けました。

実際に運転もしたのですが、走行性能に関してはレビュー通りの素晴らしさでした。アクセルワーク・ハンドリング・視認性の高さも申し分ありません。
試乗レポートとしては非常にざっくりした内容ではありますが、実際に試乗して筆者もマツダ・デミオの魅力を体感することができました。

デミオの試乗評価についてのまとめ

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31048

今回は、マツダ・デミオの試乗レポートについて調査し、試乗のポイントと実際に筆者が試乗した感想をご紹介しました。
車は一度購入すると長い付き合いになりますので、試乗はとても重要です。
マツダ・デミオは試乗レポートでは概ね高評価ですが、全てのユーザーにとって100点な訳ではありません。
マツダ・デミオの特徴を試乗レポートで情報収集しつつ、実際に試乗しましょう。

【マツダ・デミオ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【マツダ・デミオ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで20万円と言われた下取りが
買取業者で70万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

スポンサーリンク